吉川奨/ツキヨOne'sback ~音楽、文章、ゲームの統合ブログ〜

吉川奨 本名を何の躊躇もなく出しつつ音楽の事を発表と語る感じでありつつ、ゲーム用の名前であったツキヨOne'sbackと融合を果たしました。

新型サイドブレーキと象徴

7月から職場で新車のトラックに乗らせていただいております。クーラーがとてもよく効いて素晴らしいです。

 

最近の新型トラックに搭載されたサイドブレーキは一応サイドブレーキの形をしてはいますが、ギーッと音がして2度引きするような、これまでのスタイルではなく、スイッチのような役割で、操作するとキュイーンと機械が連動してサイドブレーキがしっかりかかります。ちょっとしたマシンのようです。

f:id:TsukiyoOnesback:20190702135858j:image

これなのですが、皆さんもどこかで見た事があるような形状、いや、日常的に見慣れたもののような造形をしていると感じませんでしょうか。とてもシンボリックな形だと僕は思います。そしてその操作性は、これまでの習慣と真逆であり、力の入れ方を体得するのに、コツを掴むのに丸1日かかりました。

 

一般的に、これまでのサイドブレーキは、先の部分、頭の部分と申しますか、亀頭の部分を押してからレバーを元に戻してブレーキを解除するのですが、新型は茎の部分と申しますか、皮の部分を引き上げるやり方で解除するのです。

 

つまり、皮を亀頭に被せるという要領でサイドブレーキを解除します。

 

これは人間の習慣の逆を突く軌道をとっており、日常では考えられない法則になってしまっているのです。もう新型トラックに乗ってから3日経つので僕はかなり慣れましたが、この新型サイドブレーキが搭載された車に乗る場合にはこの記事を思い出していただければ嬉しく思います。

 

世間一般的には、タートルネックを顔の半分くらいまで引き上げて、何がどうあるべきが理想なのかを象徴しているCMなどがございます。皮は剥くものという常識を常に身に纏い、幼少の頃より皮は剥けていた方が美徳とされきておる文化故に、今回の新型サイドブレーキのように逆説を取られてしまいますと、少々戸惑ってしまうというお話です。

 

 

 

 

 

 

endless daylight

最近では、連投ぎみに弾き語り動画をアップしておりますが、何かに集中する事で何かを忘れようとする手法の1つなのです。今回は夕暮れに電気をつけずに録画して、しかも画像を荒くする事で、様々なものを誤魔化そうとするアイデアを使いまして、これがまたなかなか納得の出来。これまでもこんな感じで録画すればよかったと後悔しています。そう。後悔こそ僕の人生そのもの。しかもこの曲は2分ジャストなので、なんとTwitterにアップできる限界の分数ぴったしなのです。いやいやそれって狙ってなかったにしても、いいじゃないか!と思った次第です。

 

 

「endless daylight」

これまで選んでない 道は遠くなっても

行ってみようなんてさ 1人よがったパーティ

defind the let me try

向かえrewind won't 揺られてline to line

強いて言おっかな この果てに僕を誘う

 

寄り道と称して 古い友達の

様子ばかりじゃない 呼んでみよってばサスティー

different range trance

never endless daylight  終わりはないkids life

強いて言おっかな この次は君を誘う

 

向かえrewind won't  迷いはないフリースタイル

never endless daylight  終わりはないkids life 

強いて言おっかな この果てを胸に抱こう

 


endless daylight (弾き語り) 吉川奨

 

twitter.com

君のかけら(弾き語り)

Twitterは100%フォローバックします。

twitter.com

 

さてさて、いきなしTwitterの埋め込みから入れました。普通は最後に入れるのでありましょう。なにせ、最近の僕は「普通って誰が決めたの」を口癖にしようかなと思っているほど普通じゃないのです。ユアンマクレガーが出てた「普通じゃない」を思い出します。でも、キャメロンディアスは「メリーに首ったけ」が一番好きです。話がそれました。最近では少しセンチメンタルな気分が続いており、ゲームをしてもぼーっとしてしまうし、仕事に思いっきり打ち込んでみても、やはりため息ばかりついてしまいます。1人でお酒を飲めば必ず泣いてしまいます。そういう時こそ、音楽の力を借りまして、大いに気持ちを誤魔化すといいと思います。思ってる事を歌ってみれば、幾分、楽になると思います。皆さんにもこの発散法はおすすめ。しかし、すんごい楽になるのかというと、そうでもないです。こうして人間は螺旋状に成長してゆくのでしょう。いや、お前は学生時代からあまり成長しておらんよ。と、言われそうなのでこのくらいにして歌詞のせます。

 
 「君のかけら」
 横流れに刺す雨叩く窓
 眠りを覚ませば
 
 誰かを忘れてしまえるのなら
 選ぶものなのか
 
 君のかけらを ここに隠して
 離れぬような 強い力で
   そして僕にも 与えてくれよ
 苦しい夜を 耐える呼吸を
 
 あの日落ちた涙数える窓
 増えていくだけだ
 
 誰かを好きになるのはこんなに
 辛いものなのか
 
 君のかけらを 奥に隠して
 離れぬような 強い記憶で
 そして僕にも 与えてくれよ
 悲しい夜を 越える呼吸を

弾き語り動画アップ

こういった動画をアップするのが2年ぶりくらいという。

 

 

 旅立ち別れの歌  詞・曲 吉川奨


 旅立ちは誰の元へも 夏の影を飲み込んで
 話した日々の面影と 挟んで光る波の模様

 君が僕の名を呼ぼうとして 船の先まで見送った
 言葉は海風の中へと 混ざって溶ける空気のよう

 悩んで 時を超え 巡っていく人の流れを
 聞こえる はるか遠くで 笑っている君の声が
 
 歩き疲れたら 思い出してみるよ
 夢の中まで 儚く切ないまま

 別れには君の歌を 夏の空を吸い込んだ
 果たせないのさもう何時間でも 測って光る波の模様
 
 君は僕の名を呼ぼうとして 声の限り続けていた
 言えなかった言葉の先を 迷って溶ける空気のよう

 悩んで 立ち止まって 巡っていく人の流れを
 聞こえる? はるか遠くで 歌っている僕の声が

 歩き疲れたら 思い出しみてよ
 夢の中まで 儚く切ないまま

 


旅立ち別れの歌(弾き語り) 吉川奨

ファイナルファンタジー14

Twitterでちょっとツイートした内容の詳細です。

 

喉の調子が悪くなって不貞腐れる

   ↓

ゲームをたくさんするようになる

   ↓

ゲーム実況に手を出してみたくなってやってみる

   ↓

色んなゲームを実況していたらその中のFF14にハマる

   ↓

オンラインRPGなのでやる事が尽きなくてどっぷりやる

   ↓

FF14専用のコミュニティやSNSがあってそこで知り合った仲間と遊ぶ

   ↓

FF14ゲーム内でコンパを主催してSNS発信したら人生で初めてバズる

   ↓

FF14ゲーム内で仲間と演劇を完成させて超充実(エオ充と言います)する

 

 

これ↓で流れを作ってみたのですが、気が付いたらFF14の世界(エオルゼア)の中で生活をしていたのかもしれません。いや、ちょっとそれは大袈裟。イン率がかなり低い方ではあったので、戦闘などはまるでダメでした。いつも強い人の後ろに隠れてきゃーきゃー言うだけというやり方で乗り越えてきました。ゲームの中には現実さながらの楽しい遊びがたくさんあって、人と遊んでいるから尚更楽しいのですが、現実と1つだけ明確に違う点を発見しました。僕は自分の操るキャラクターを何時間もかけてしっかり作りこんであるので、超背が高くて、超イケメンなのです。

 

一方、現実の方で、歌がまともに歌えなくなった僕を、また、ちょっとバンドやって遊ぼうよと声をかけてもらって、月に1回スタジオに入り、また、職場の同僚からは「吉川さんの音楽とか、ゲーム実況とか、結構楽しみにしてたんですよ。最近やってくれないからつまらないです。」と言われて、そうだ!現実も大切にしなきゃ!っと感じたという話です。ただ、FF14と現実とのギャップが激しいです。現実の僕はイケメンじゃないのです!それも結構忘れていました。そうだった。僕って全然かっこよくないんだった!と。いやぁよかった思い出せて。

 

という流れで、今、時々、息抜きにゲームをするというスタイルに変えて、いや、お前抜くほど息溜まってねぇだろとも思います。ちょっとずつ現実も大切にしていこうという話です。と、思って、今日Twitterのアカウントをさわってみたのですが、僕のこの現実のアカウントって、音楽とか、ライブの宣伝用に作っただけだったのだと思い出しました。全然使ってなかった。いやしかし!FF14専用のアカウントで僕はTwitterなどのSNSの使い方を学んだので、宣伝用ではなく、普通に使えるはずなのです。

VHSキャプチャ

喉の調子が悪くなって2年以上過ぎました。開き直ってゲームをたくさんやって、その様子を実況動画でアップしたり、その中で出会ったFF14にどっぷりとハマり、すっかりとネットの中に身を置いておりました。しかし職場で組んだバンドのリーダーが、喉が調子悪くっても、リハビリとでも思ってバンドやって遊ぼうぜと誘ってくれて、月1回スタジオに入ってブルースバンドを楽しんでおります。といった近況です。

 

5月の末に3連休が来ました。

この夜をどうやって過ごそうかなぁと考えてた時に、VHSのビデオをPCに取り込む事が意外と簡単に出来ますよという記事を見つけ、その記事に書かれていたキャプチャーセットが電気屋さんで3000円程で売っていて、それを買って帰り初日の夜を過ごす事にしました。

昔、好きだったTV番組を録画したものや、中学生の時苦労して手に入れた桜木ルイの無修正、ジェフポーカロの教則ビデオ、ツキホトトギスというバンド名が付く前のThe old feelingとラベルのついたビデオなどなど、これを見始めたら結構楽しいかもという予測が立って、よなよなエールを飲みながらキャプチャを始めました。

 

今は僕はゲーム実況もできる自分の部屋があるので、色んな懐かしいVHSビデオをPCに映しながら、大学時代の友人に勧められた小説やマンガを読んでいました。これがかなり楽しい時間であって、深夜なのに無性に誰かと話したくなったり、お酒なんてとても弱い体質なのに、結局よなよなエール3本飲みました。これ自分の中では結構珍しいことです。昔のバラエティ番組や、桜木ルイもすっごく楽しかったのですが、ツキホトのライブ映像が一番楽しかったんです。こんなアレンジしてたんだ!とか、こんなカバーしたのか!とか思い出しつつ、やはりなんといっても阿部ちゃんの照明が最高にキマってました。結局かなりの本数見て、いいなぁと思ったライブをYouTubeにアップしました。そのうち見どころとか説明欄に書いてみようかなと思いつつ、今回何曲かアップしたことは全く宣伝しないし、需要もほぼ無いと思いますが、僕は1人部屋でビールを3本も飲んじゃうくらい楽しかったので、これをたまたま見つけた誰かが、僕と同じような一夜を過ごす事ができたらこれ最高だなぁと思う次第なのです。

 

今回はたくさんあってここにリンクを貼ったりしないので、YouTubeで「ツキホトトギス」か「吉川奨」で検索してみてください。

 

 

 

SCUM

早期アクセスが始まったばかりのゲーム「SCUM」をプレイしました。

5月くらいにムービーを見てやりたいなぁと思ってたゲームで、steamのウィッシュリストに入れて発売を待っておりました。

 

初見プレイの印象としては、かなり時間をかけてじっくりサバイバルを楽しむゲームなのではないかなぁと感じました。発売前の動画の印象では、もっと他プレイヤーとの干渉があるかと思っていましたが、マップがとても広く、他プレイヤーとは今のところ遭遇していません。

 

ただ、こういったじっくりやるサバイバルゲームは大好きな部類であることから、そして、まだまだ謎が多く何をしたらいいかわからない事が多いですが、だんだんとわかってくるこの感じも好きです。もしかすると、じっくり生放送とかが合うゲームで、単発動画には向かないのかもしれません。

 

いやいやしかしほぼ初見プレイですが、もっと人気が出るゲームかと思いますので日本人のウィキなども充実してきそうな感じです。


[SCUM] 僕のようなワルが主人公の新作サバイバルゲームに挑戦

 

Twitter https://twitter.com/onesback