吉川奨/ツキヨOne'sback ~音楽、文章、ゲームの統合ブログ〜

吉川奨 本名を何の躊躇もなく出しつつ音楽の事を発表と語る感じでありつつ、ゲーム用の名前であったツキヨOne'sbackと融合を果たしました。

ファイナルファンタジー14

Twitterでちょっとツイートした内容の詳細です。

 

喉の調子が悪くなって不貞腐れる

   ↓

ゲームをたくさんするようになる

   ↓

ゲーム実況に手を出してみたくなってやってみる

   ↓

色んなゲームを実況していたらその中のFF14にハマる

   ↓

オンラインRPGなのでやる事が尽きなくてどっぷりやる

   ↓

FF14専用のコミュニティやSNSがあってそこで知り合った仲間とすごく楽しい日々

   ↓

FF14ゲーム内で仲間と演劇を完成させて超充実(エオ充と言います)する

 

 

これ↓で流れを作ってみたのですが、気が付いたらFF14の世界(エオルゼア)の中で生活をしていたのかもしれません。いや、ちょっとそれは大袈裟。イン率がかなり低い方ではあったので、戦闘などはまるでダメでした。いつも強い人の後ろに隠れてきゃーきゃー言うだけというやり方で乗り越えてきました。ゲームの中には現実さながらの楽しい遊びがたくさんあって、人と遊んでいるから尚更楽しいのですが、現実と1つだけ明確に違う点を発見しました。僕は自分の操るキャラクターを何時間もかけてしっかり作りこんであるので、超背が高くて、超イケメンなのです。

 

一方、現実の方で、歌がまともに歌えなくなった僕を、また、ちょっとバンドやって遊ぼうよと声をかけてもらって、月に1回スタジオに入り、また、職場の同僚からは「吉川さんの音楽とか、ゲーム実況とか、結構楽しみにしてたんですよ。最近やってくれないからつまらないです。」と言われて、そうだ!現実も大切にしなきゃ!っと感じたという話です。ただ、FF14と現実とのギャップが激しいです。現実の僕はイケメンじゃないのです!それも結構忘れていました。そうだった。僕って全然かっこよくないんだった!と。いやぁよかった思い出せて。

 

という流れで、今、時々、息抜きにゲームをするというスタイルに変えて、いや、お前抜くほど息溜まってねぇだろとも思います。ちょっとずつ現実も大切にしていこうという話です。と、思って、今日Twitterのアカウントをさわってみたのですが、僕のこの現実のアカウントって、音楽とか、ライブの宣伝用に作っただけだったのだと思い出しました。全然使ってなかった。いやしかし!FF14専用のアカウントで僕はTwitterなどのSNSの使い方を学んだので、宣伝用ではなく、普通に使えるはずなのです。